ソフトバンク二保「最低限の仕事」安定6回2失点

西日本スポーツ

6回2失点と好投した二保 拡大

6回2失点と好投した二保

 ◆ソフトバンク2―3日本ハム(16日・ヤフオクドーム)

 後半戦初登板の二保が6回4安打2失点(自責点1)と先発の役割を全うした。2点リードの4回に先頭大田にソロを浴び、なお1死一、三塁で田中賢に同点の右犠飛を許したが、6回2死二塁のピンチでは渡辺をツーシームで遊ゴロに仕留めた。先発初勝利を挙げた5日に続く2連勝はお預けとなったものの、今季防御率は2・08と安定。「最低限の仕事。欲を言えばもう1イニング投げられればよかった」と振り返った。

PR

PR

注目のテーマ