劣勢で甲斐キャノンもリクエストで判定覆り「えぇー」

西日本スポーツ

7回1死一塁、打者近藤のとき、一走西川の二盗を許した甲斐。二塁アウトの判定がリプレー検証で覆った 拡大

7回1死一塁、打者近藤のとき、一走西川の二盗を許した甲斐。二塁アウトの判定がリプレー検証で覆った

 ◆ソフトバンク-日本ハム(17日・北九州)

 4点差の状況で、ソフトバンクの捕手・甲斐と日本ハムの西川が火花を散らした。

 日本ハム4点リードの7回1死、打者・近藤が投手・嘉弥真の初球ストレートを見逃したところで、一塁走者の西川がスタート。甲斐が二塁送球し、いったんはアウトと判定された。

 ただ西川がすかさずアピールし、日本ハム栗山監督がリクエスト。3分近いリプレー検証の結果、判定は覆りセーフとなった。

 北九州市民球場は場内にプレー映像を表示する設備がなく、スタンドのソフトバンクファンからは「えぇー」と声が上がった。近藤の内野ゴロの間、西川に三塁へ進まれたが、続く中田を退け追加点は免れた。

PR

PR

注目のテーマ