創立以来初の4強 東明館が昨秋のお返し9回逆転 控え選手が殊勲 (2ページ目)

西日本スポーツ

■北陵 中尾の降板裏目 監督「私の責任」     

 北陵には思いがけない逆転負けとなった。1点リードの9回1死からエース中尾が連続四球を与えてピンチを迎えたところでベンチは継投を選んだ。ところが、リリーフの吉武が3連打を浴びて、一気にひっくり返された。「私の責任。中尾に『最後までおまえでいくぞ』と言っておきながら代えてしまって。選手に申し訳ない。限界だと思った」とベテラン64歳の吉丸監督はナイン同様に涙に暮れた。中尾は昨秋から右肩を痛め、この試合も痛み止めの注射を打っての投球だった。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ