西武の新ショップで珍光景 自身のグッズを手に取る選手

西日本スポーツ

 西武の1軍選手が19日、本拠地メットライフドームに隣接する敷地内に完成した新施設を見学した。

 同日午後6時から行われるオリックス戦の前に、秋山や山川、森らが3グループに分かれ、15日にオープンしたグッズショップ「ライオンズ チームストア フラッグス」と新オフィス棟を見学。グッズショップではユニホーム姿の選手たちが、自身のグッズを手に取る珍しい光景が繰り広げられた。

 選手会長の増田は「あまり(グッズを)見たことがなかった。たくさんのファンにグッズを買っていただけたらうれしい。自転車とかも売っているんやなと思った」とバラエティーに富んだ商品のラインアップに驚いた様子だ。

 既に稼働した選手寮や室内練習場、さらに今後のメットライフドームなども含め、西武は今回の改修計画に総額約180億円を投入。球団の意気込みを目の前で感じた増田は「あらためて選手一人一人が結果を出して、チームに貢献できればと思った。球場をはじめいろいろと新しくなる。しっかりやっていかないといけないという実感も湧いた」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ