守屋がトップ通過 モーターボート大賞 【芦屋】

西日本スポーツ

 芦屋ボートのG2モーターボート大賞「次世代スターチャレンジバトル」は20日、ファイナル進出を懸けて準優3番を行う。予選トップ通過は守屋美穂。オール2連対こそ途絶えたが、節一仕立てのパワーで首位を堅持した。2位は6戦4勝の安河内将、3位はオール3連対の和田操拓が入り、それぞれ準優1枠を獲得した。最終的な準優ボーダーは5・83。辻栄蔵、田中信一郎、深川真二、服部幸男らSGタイトルホルダーが次々と姿を消す中、菅章哉、中村晃朋、石渡鉄兵が下位からの勝負駆けに成功した。なお、村上遼は病気、岡村将也は負傷のため帰郷。5日目より三原司と中田達也が追加参戦する。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ