西武・金子侑「出来すぎ」9回同点3ラン プロ初登板の平良は1回無失点

西日本スポーツ

9回、3ランを放ちガッツポーズの西武・金子侑 拡大

9回、3ランを放ちガッツポーズの西武・金子侑

 ◆西武5-4オリックス(19日・メットライフドーム)

 金子侑が起死回生の同点2号3ランを放った。3点を追う9回1死一、二塁。ディクソンの直球をはじき返すと、右翼席ぎりぎりに飛び込んだ。「とにかく次につなぐことを考えた。ホームランは出来すぎでした。入るとは思わなかったので、本当にうれしかった」。延長11回には左翼から源田、森と隙のない中継プレーで勝ち越し点を阻止。「日ごろの練習の成果が出せた」とうなずいた。

   ◇    ◇

 西武・平良(プロ初登板で1イニングを無失点)「マウンドに向かうときは緊張したけど、上がってからは緊張せずに投げることができた。初登板だったけど、自分のピッチングができたと思う」

PR

PR

注目のテーマ