トガってるけど意外と気が利く「やまや めんたいこBOX」/ヤフオクD観戦ガイド

西日本スポーツ

 2019年シーズン現在、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームには30超の席種がある。どの席で見るべきか? チケットを確保するには? 西日本スポーツ読者の観戦の一助にと、球団の協力を得つつ、忖度しないで座席をレビューする。今季新設された「やまや めんたいこBOX」に今回、座ってみた。

 ※各項目は5点満点

 快適さ ★★★★★

 外野席の上、電光掲示板の真下に6人まで座れるボックス席ができた。右翼側に6個、バックスクリーンを挟んで左翼側に3個。ヒルトン福岡シーホークや公式グッズ店「ホークスストア」付近のゲートが、席まで近い。通路からはひと息で上れる高さだ。

 巨大なめんたいこオブジェや、目を引く赤基調のデザインのおかげで、スタンドに出ればすぐ見つかる。悪ふざけしていると遠目でも目立ってしまうだろう。席と席との間に目隠しはないが、壁際は背中合わせに座ることになるので、それほど気にならない。

 席のレイアウトは、3人掛けシートが2列向かい合わせ、2人掛けシートが2列向かい合わせ+椅子2脚の2通りある。クッションが効き、座り心地はバックネット裏の席と変わりない。テーブルもめんたいこを模した変型楕円(だえん)や、粒をイメージしてカラーボールを並べたものなどがデザインされている。

 オードブルの盛り合わせ付き。これでもかと、めんたいこで味付けされている。席に着くと係員から引換券をもらい、コンコースの指定売店で受け取るスタイル。持ってきてくれたら最高だが、売店は近いし、この引き換えに限っては列があっても並ばなくて良い。店員さんに声を掛け、チケットと引換券を見せよう。引き換えは7回裏終了まで。

 6人前と考えるとボリュームは少なめかもしれないが、このぐらいが適当かもしれない。理由は(1)6人そろうとも限らない(2)味が似ていて中盤以降はやや飽きる(3)塩気が強くドリンクが進み、腹がふくれる-というところ。売り子さんは席まで来てくれる。

 コンセント備え付けはうれしい。それも二つあって、うち一つにはUSB端子もあるので、スマホやら何やら充電が必要な持ち物が多いと助かる。ぜひ、ほかの席種にも期待されるところだ。グラウンド側の壁面という配置も「ながら見」がしやすい点で、気が利いている。

 観戦体験 ★★★★

 中堅フェンス際が見えないぐらいで、目視できる範囲は広く、中継映像の視野を内外野まで広げたようなイメージ。高さもあるので選手の位置関係も分かりやすい。

 電光掲示板はほとんど垂直に見上げる格好になるため、表示内容は何となくしか分からない。ド派手な演出は満喫しづらく、バックネット裏上方のつり下げ式スクリーンで我慢しよう。色の変化や点滅は頻繁にあるが、思ったほど気にはならなかった。試合中の電光掲示板は常に発光しているからだろうか。

 外野が意外と近く感じられる割に、外野席との一体感はあまりない。ただ、特に右翼席側では熱心なソフトバンクファンの様子が見やすく、メガホンダンスを覚えていないが見よう見まねでやってみたい人にとって、格好の場所かもしれない。

 打球の危険度 (★0)

 2017年に楽天ペゲーロの本塁打が電光掲示板まで飛んだことがあったが、これはヤフオクドームの最長不倒とみられ、飛んできたらよほど運がいい。万が一、飛んできても打球は見やすい。

 価格 ★★

 変動制で、1席1万8000~3万円。6人で割れば1人3000~5000円。ただの外野席よりそりゃ高いが、内野A指定席と同等だ。オードブル盛り合わせ込みであることを考えると、お得感はある。当然ながら、頭数が減ればコスパは低くなる。

 レア度 ★★★★

 右翼側6卓、左翼側3卓しかなく、発売即完売となる。チケットの一般発売は「試合開催月の2カ月前の第4日曜日、午前10時」。

 総評

 試合を見る環境、軽食付きのコスパを含めて、純粋に良席と感じる。実はそこにあるもの一つ一つが特別というわけではないのだが、個性的なデザインと、電光掲示板の直下という立地で、かなり印象にも残る。

 ※読者の方のヤフオクドームでの試合観戦中の事故、また試合観戦に関係するその他のトラブルについて、西日本新聞社では一切の責任を負いかねます。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ