熊本工、昨夏決勝の雪辱 逆転勝ちで4強 東海大星翔に8-3

西日本スポーツ

 ◆高校野球熊本大会準々決勝:熊本工8―3東海大熊本星翔(20日・リブワーク藤崎台球場)

 熊本工が昨夏決勝の相手、東海大熊本星翔に雪辱を果たし、準決勝進出を決めた。4回に1点を勝ち越されたその裏、2死満塁で田中亮がカウント3‐0から中前に逆転の2点打。「調子はいいし、自信があるので狙っていました。このカウントから打ったことは何度もあります」。田中亮のタイムリーが打線に火をつけ、熊本工はこの回5点を奪った。準決勝の相手は好投手・浅田を擁する有明。「同じ高校生。相手の隙を狙って1点ずつ積み重ねていきたい」と田中亮は強気なコメントを残した。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ