ソフトバンク高橋純、緊急登板2回2/3を0封

西日本スポーツ

5回1死、和田の降板を受け緊急登板の高橋純 拡大

5回1死、和田の降板を受け緊急登板の高橋純

 ◆楽天1―0ソフトバンク(20日・楽天生命パーク宮城)

 和田の緊急降板を受けて、急きょ登板した高橋純が好投を見せた。マウンドに上がってからの投球練習も有効に使って急いで肩をつくり、0‐0の5回1死で打者堀内、1ボール2ストライクの場面からの投球。初球から思い切りよくフォークボールを投じて空振り三振を奪った。6回は2与四死球などで2死一、二塁のピンチを招いたが、銀次を外寄りのフォークで一ゴロに仕留めて脱出した。続く7回もマウンドを託されると三者凡退とし、2回2/3で安打は許さず無失点。勝利にはつながらなかったが緊急事態を救った。「和田さんの姿を見て、すぐ気持ちの準備もできた。普段なら2イニング目に球数が増えると交代だが、投げさせてもらえた。いい経験ができた」と振り返った。

PR

PR

注目のテーマ