ソフトバンク牧原、唯一のマルチも7回好機で三振

西日本スポーツ

 ◆楽天1―0ソフトバンク(20日・楽天生命パーク宮城)

 得点力不足に苦しむ中で牧原がチーム唯一のマルチ安打と気を吐いた。2番中堅で出場し、初回は釜田の外寄り直球を中前にはじき返し、5回は2番手青山の直球を左前打。複数安打は7日のオリックス戦以来で今季13度目となった。もっとも、0‐0の7回1死二塁では空振り三振に倒れたこともあり「チャンスをつくれたのはよかったけど、チャンスで打てなかったので…」と言葉少なだった。

PR

PR

注目のテーマ