ソフトバンク和田抹消 右太もも裏、病院で検査へ

西日本スポーツ

右太もも裏のけがで登録抹消となった和田 拡大

右太もも裏のけがで登録抹消となった和田

 20日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)で右太もも裏の違和感を訴え緊急降板した福岡ソフトバンクの和田毅投手(38)が21日、出場選手登録を抹消された。福岡に戻った後、病院で診察を受ける予定にしている。

 21日はチームと共に球場入りし、試合前練習はケアを中心に行った。歩行は問題なく「昨日よりはいい」としながら「そんなにひどいと思っていないけど、自分がそう思っているだけかもしれない」と慎重な姿勢を見せた。工藤監督は「筋肉のことだから、まずは病院に行ってみてから」と話し、今後については検査の結果次第で判断するという。

 和田は20日楽天戦で5回の投球でアクシデントに見舞われてマウンドに崩れ落ち、10日西武戦(ヤフオクドーム)に続き、下半身の違和感で緊急降板していた。左肩痛から復帰した今季は、6試合で2勝2敗、防御率3・16の成績を残している。

PR

PR

注目のテーマ