【クローズアップ】里岡 本領の攻撃力を発揮

西日本スポーツ

 らしくない!? 走りで予選突破を決めた。豪快戦が売りの里岡右貴(33)=福岡=の今節の着順は、(2)(4)(2)(3)(2)。1着はないが、安定感は抜群。予選ラストに6枠を残してレース前には「これは厳しいかも…」と不安をこぼしたが、混戦をさばいて2着を確保。「足がいいことを確信しました」と笑顔をみせた。

 3日目だけでなく、今節は道中で必ず順位を上げてゴールしている。「全体的に良くて余裕がある。レース足がいいんでしょうね。回ってから前に進んでいるし、トルク感がある」と機力は十分に満足のレベルに達している。ここまでペラと外周りの微調整ぐらいで「ほとんど何もしていない」ならば、準優もいい状態でレースに臨めるはずだ。

 通算8Vの内、1枠は2回だけで6コースからのVが3回もある。コース不問の攻撃力がなせる業だ。準優は4カドが濃厚。持ち前の攻撃力が最も生かせる位置から、本領発揮して優出切符をつかむ。

PR

PR

注目のテーマ