ソフトバンク上林「死球」を振って三振の珍プレー

西日本スポーツ

5回2死一塁、三振に倒れる上林 拡大

5回2死一塁、三振に倒れる上林

 ◆ソフトバンク-ロッテ(23日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク上林にとっては、泣きっ面に蜂の結果となった。

 2回の第1打席は相手好守で右飛。4回の第2打席は無死一塁で送りバント。5回の第3打席はチームがロッテ2番手・東條から3点を奪って4点差とし、なお2死一塁の場面で右腕と対した。

 初球低めのスライダー、2球目内角スライダーを空振りして追い込まれた。3球目も内角スライダー。左打席の上林は空振りしたが、ストライクゾーンを大きく外れたボール球で、上林自身の脚に当たってファウルゾーンへ転がった。

 一瞬、振り逃げのそぶりを見せた上林ながら、球審からアウトを宣告(三振した球が体に当たった時点でボールデッド)され、観念した様子でベンチへ引き揚げた。

 ここ1カ月以上、打率2割未満の状況。苦心の打席が続く。

PR

PR

注目のテーマ