工藤監督「あの球を…すごい」曲芸打ち今宮弾に驚嘆

西日本スポーツ

ソフトバンク・工藤監督 拡大

ソフトバンク・工藤監督

 ◆ソフトバンク11-7ロッテ(23日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク工藤監督が、今宮の一発に驚きの表情を浮かべた。

 左太もも裏痛から約1カ月ぶりに復帰し、即スタメン2番で起用。すると初回にロッテ先発・岩下から先制10号ソロを放った。見逃せばボールの内角低めフォーク。それを、ほとんど右膝が地面に着くような格好で左翼ホームランテラスへ運んだ。

 指揮官は「(試合の)最初から、あのフォークボールを打ってホームランにできるのは、すごいなと」と驚嘆。曲芸的な打ち方に「その分、下半身の状態がいいんじゃないかなと思った」と回復を見て取った。

 ここから3者連続アーチ。終わってみれば途中出場の栗原にもプロ初本塁打が出るなどチーム5本塁打。このところ元気のなかった打線が、今季初の先発全員16安打で11点を奪って快勝した。工藤監督は「(楽天との前カードが敵地で)やっぱり地元、このヤフオクドームでやることで、何よりみんな元気になるんだなって感じたね」とうなずいた。

PR

PR

注目のテーマ