前川 沖縄アピールの白星 ボート王国九州山口!

西日本スポーツ

 見事な開幕星だ。オープニングカードの1R、宮崎代表・池永太が、インから快速逃げで完封ショー。「1発目なので緊張したけど、1勝できてホッとしています」と汗をぬぐった。宮崎県からは日高逸子、松崎祐太郎、河野真也らA1常連を相手に出場切符を手にした。「宮崎は優勝候補の日高さんを筆頭に、意外と激戦区なんですよ。来年も出場できるように、アピールしたい」。宮崎大会を“制した”自信とプライドを胸に、快走を誓った。

 注目カードは5R。8年ぶり3度目のG2出場の沖縄代表・前川守嗣が、名だたるSG戦士を相手に白星を挙げる大番狂わせ。「すごい5人が相手だったので勝てるとは思いませんでした」と謙遜したが、開会式では聞き取り難解な沖縄弁で必勝宣言。「何を言っているのか、みんな理解できないと思って、思い切ってみました(笑)」と強気な姿勢を、水面でも発揮してみせた。

 レース場のない県・沖縄に、ボートレースをアピールするには格好の舞台だ。7月上旬、那覇市にある『ボートレースアンテナショップ沖縄・国際通り』で大会のPR活動を行った。「5月にデビューした124期の上原健次郎が沖縄出身なんですよ。沖縄出身レーサーが増えてうれしい。しかもボクの弟子になったんですよ(笑)。もっと沖縄にボートレースを広められるように頑張りたい」

 沖縄の夏はまだまだ終わらない。大番狂わせはここからだ。 (渡辺将司)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング