毒島が4連勝で優出 西日本スポーツ杯 【若松】

西日本スポーツ

 若松ボートの「西日本スポーツ杯」は24日、準優を勝ち上がった6人が優勝戦を争う。4日目の準優3番は、10Rは毒島誠が差し抜けて1着、インで残した島村隆幸が2着だったが、9Rの山一鉄也、11Rの山田雄太はきっちり逃走。2着も差して続いた谷野錬志、下條雄太郎と続き、3レースとも1、2枠の内枠両者のワンツーで決着。この結果、優勝戦1枠にはシリーズリーダーの山田が収まったが、本命はグランプリレーサーの毒島を推す。機力は上昇一途。SGVの水面で今年2度目のVを飾る。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ