「悔いなし」目標はプロ 有明エース浅田、準決で散る

西日本スポーツ

 ◆高校野球熊本大会準決勝:有明0-2熊本工(23日・リブワーク藤崎台野球場)

 有明のエース浅田は準決勝で敗れ、甲子園のマウンドに立てなかった。完投して6安打で2点を失ったが8奪三振。5球団のスカウトが見つめる中、5回まで相手打線を1安打に抑えた。連打を許した6回以外の安打はすべて散発。2点を追う最終回は140キロ台の直球で押しまくり、この日の最速145キロも計測して三者凡退に仕留めた。「自分の真っすぐはこれだけ通用するんだと見せたかった」と最後に意地を見せた。高校野球は幕を閉じたが「やりきったので悔いはない」と涙はない。浅田の目標はプロ。「これからもっと練習して一流のプロになりたい」と見つめる先は決してぶれない。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ