泉谷しげる球場乱入「がっかり」吉本騒動にもの申す

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(24日・ヤフオクドーム)

 歌手の泉谷しげる(71)が恒例イベント「鷹の祭典」の試合前セレモニアルピッチに登場した。

 熊本地震からの復興支援を目的に開かれてきた音楽イベント「阿蘇ロックフェスティバル」の発起人。熊本県南阿蘇村の野外劇場で開かれてきた同イベントは、今年は9月29日に北九州市のミクニワールドスタジアム北九州で開催される。

 そのPRを兼ねての来場ながら「俺はやりたくないんだけど。北九州行くの、めんどくせえよ。福岡でいいじゃねえか」と口を突くのは文句ばかり。

 「フォーク(シンガー)だけにフォークボール」と宣言した投球は山なりで、ノーバウンドどころか最後はゴロに。何度もマウンドをたたいて悔しがり「バカヤロー! ホークスのバカヤロー、勝て」と当たり散らした。

 「最初で最後。もう二度とやりません」。取材対応中には「普通の宣伝なんてクソ面白くない。吉本のことも何かあったら聞いてください」と促し、自ら「あいつら一緒に(芸能界で)やってきた連中だからね、会社の事情とか、ああいう内の問題をバラさないでほしいよね。芸で勝負してほしいというか、そういう思いがありますね」と切り出した。

 「ほんとに、がっかり。ああやって涙の会見なんかやると次もう笑えないでしょ。何とか内のことは内でまとめて。俺たちみたいな部外者がさ、とやかく言わないで済むように、片付けてほしいなと思うよね」。ここでハッと気づいたように「ちょっとマトモでつまんなかったかな?」と言ったところで、関係者から取材対応の終了が告げられた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ