初回満塁被弾もソフトバンク逆転勝ち 代打策ピタリ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5-4ロッテ(24日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが序盤の大量失点から巻き返し、終盤に競り勝った。

 先発・松本は初回、荻野の二塁打から四球、三塁手・松田宣の失策で無死満塁のピンチ。ここでレアードに左翼ホームランテラスへの先制満塁弾を許した。

 それでも打線は2回にロッテ先発・涌井を攻め、明石、江川の連打などで1死満塁。牧原、今宮の連続適時打で3点を返すと、4回に今宮の2打席連続タイムリーで追いついた。

 ベンチは5回途中で松本を諦め継投。7回は椎野が2死一、三塁を乗り切り、8回は甲斐野が2死満塁をしのぐなど救援陣が無失点でつないだ。

 直後にロッテ2番手・石川を攻め、1死二塁から工藤監督は江川に代え代打・栗原を起用。栗原は適時三塁打で応え、1点を勝ち越した。

 9回は森が三者凡退に抑え、戦列復帰後初セーブ。チームは3連勝を飾った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ