大牟田、堂々の準V 決勝 前年覇者を相手に健闘 金鷲旗高校柔道

西日本新聞

 金鷲旗高校柔道大会は最終日の24日、筑後勢男子の大牟田が準優勝を飾り、西日本短大付は5回戦、南筑は4回戦で敗退した。

 大牟田の決勝の相手は、前年覇者の国士舘(東京)。次鋒の竹市大祐選手(3年)が2勝1分けと健闘し一時優位に立つが、森健心主将(3年)が大将同士の戦いで無念の反則負けを喫した。

 西日本短大付は5回戦で大成(愛知)と対戦。山城悠雅選手(3年)が先鋒戦を制して一歩リードしたものの相手次鋒に3人が敗れ、涙をのんだ。南筑と浜松商(静岡)の4回戦は一進一退の攻防の末、大将同士の戦いとなったが力及ばなかった。

PR

金鷲旗 アクセスランキング

PR

注目のテーマ