減点の菊地が連勝で挽回 全国ボートレース甲子園【浜名湖】

西日本スポーツ

 静岡県・浜名湖ボートで争われている今年新設のG2「全国ボートレース甲子園」は24日、予選2日目。初日のドリームで不良航法を取られた岩手代表の菊地孝平が、連勝を挙げて一気に挽回。準優入りの望みをがっちりとつないだ。山崎智也、片岡雅裕、茅原悠紀はオール2連対で予選前半を終了。いずれもまずまずのレース足が好成績を支えている。伸びが好調な太田和美がオール3連対。同じくよく伸びるエース機・長田頼宗は、2日目後半に逃げてやっと初の舟券絡み。吉川元浩は選手責任の落水を喫し、予選突破が絶望的になった。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ