ソフトバンク甲斐野、開幕戦以来の2勝目

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5―4ロッテ(24日・ヤフオクドーム)

 ルーキー甲斐野が開幕戦以来となる今季2勝目を挙げた。同点の8回に5番手で登板。2死後に安打と2四球で満塁としたが、鈴木を154キロの外角直球で中飛に打ち取ってピンチを免れた。直後に栗原の決勝打が出て、白星を手にした右腕は「結果的にはゼロで抑えられたけど、内容にこだわらないと。3人で終わらせられるようにしたい」と反省しきりだった。

PR

PR

注目のテーマ