ソフトバンク松本、初回4失点猛省 5回途中4失点

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5―4ロッテ(24日・ヤフオクドーム)

 先発した松本が初回の4失点を悔やんだ。前回7日のオリックス戦から中16日のマウンド。先頭から二塁打、四球、三ゴロ失策で無死満塁とすると、4番レアードには高めのスライダーを左翼テラス席に運ばれる満塁弾を浴びた。「登板間隔が空いたこともあり、初回は少し慎重に入りすぎた」と猛省。その後は5回途中で降板するまで無失点と粘りの投球を披露。「チームが勝ってくれたことだけはよかった」と胸をなで下ろした。

PR

PR

注目のテーマ