ソフトバンク柳田、負傷後初の外野ノック

西日本スポーツ

ソフトバンク・柳田 拡大

ソフトバンク・柳田

 左膝裏肉離れで戦列を離れている柳田が負傷後初めて外野ノックを受けた。タマスタ筑後のグラウンドでロングティーを行った後、グラブを手に外野の守備位置に就いて飛球をキャッチ。

 斉藤リハビリ担当コーチは「フライを捕りたいと本人が言ってきた。まだ正面の打球だけ。ちょっとずつ回復が進んでいるし、練習の強度を上げていける準備はできた」と説明した。

PR

PR

注目のテーマ