ソフトバンク明石、決勝点お膳立て 中前打&二盗

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク5―4ロッテ(24日・ヤフオクドーム)

 明石がバットと足で決勝点をお膳立てした。2回に内野安打を放ち、8回は1死から中前打。栗原への3球目で二盗を決め、右中間への三塁打でホームを踏んだ。

 「(盗塁の)スタートのタイミングは毎回計っている。いい感じでスタートが切れた」。今季8度目のマルチ安打もマークしたが、こちらは「投手の球をまだ利用できていない。力が入ってバットを振りすぎている。まだまだですね」と納得していなかった。

PR

PR

注目のテーマ