熊本工9回スクイズで決勝点 古豪復活6年ぶりV

西日本スポーツ

 ◆高校野球熊本大会決勝:九州学院5-7熊本工(25日・リブワーク藤崎台球場)

 熊本工が6年ぶり、県勢最多を更新する夏21回目の甲子園出場を決めた。

 1-1の3回に3点を勝ち越される苦しい展開。6回に逆転した直後に再び追いつかれたが、9回にスクイズで決勝点を挙げるなど2点を入れた。

 昨年も決勝に進んだが、東海大星翔に敗れて甲子園には届かなかった。その東海大星翔には準々決勝で雪辱。伝統校復活を印象付ける優勝に、OBで今春から指揮を執る田島圭介監督は「最高の気持ちです。選手が力以上のものを出してくれた」と声を弾ませた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ