1イニング3発…ソフトバンク、ロッテ戦で被弾止まらず

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(25日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの先発・大竹が、まさかの1イニング3発を浴びた。

 1点リードの4回無死、中村奨にカーブを左翼席へ運ばれ同点。続くレアードに直球を左翼ホームランテラスに放り込まれ、勝ち越された。

 捕手・甲斐がマウンドへ駆け寄った後、2死までこぎ着けたが井上に右翼席への一発を食らった。

 チームは24日までロッテ戦で21被弾。4回の3被弾でカード別ワーストとなり、この3連戦だけで8本目となった。

PR

PR

注目のテーマ