ソフトB選手会が熊本地震、九州豪雨の被災児童らをヤフオクDに招待

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンク選手会(柳田悠岐選手会長)は25日、被災者支援の一環として、2016年の熊本地震、17年の九州豪雨で被災した地域の小中学生ら約600人を、ヤフオクドームでの試合観戦に招待すると発表した。

 7月27日から9月21日までに開催する主催12試合が対象で、取り組みは今年で4年目。グラウンドでの練習見学や選手との記念撮影も予定されている。なお招待者は決定しており、一般募集はしていない。

 柳田は球団を通じて「子どもたちにヤフオクドームでホークス戦を観戦してもらい、ぜひ楽しい思い出を作ってもらいたいと思います。災害からある程度の時間がたった今でも、少なからず子どもたちの心に影響を及ぼしていると聞いています。試合を見ることで、楽しい気持ちになってもらえれば、僕たちとしては本当に嬉しく思います」とコメントした。

PR

PR

注目のテーマ