ソフトバンク大竹「見直さなければ」自己最悪4被弾

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(25日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク大竹は自己ワーストの1試合4被弾で、6回途中降板となった。

 初回無死三塁のピンチも無失点で切り抜け、2回に1点の援護。だが4回に中村奨、レアード、井上のソロ3発で逆転された。

 1点ビハインドの6回、井上に2打席連発となる左越え2ランを被弾。なお1死一塁とされ松田遼と交代した。残した走者が生還し、今季ワーストタイの6失点。ここ5試合続けて4失点以上と苦しんでいる。

 「全体的にボールが高くて、そのボールを長打にされてしまった。自分の実力不足だと思います。ここ何試合も同じように失点を繰り返してしまい、チームに迷惑ばかりかけてしまって本当に申し訳ない。もう一度自分の投球を見直さなければいけないと思います」と反省の弁が続いた。

PR

PR

注目のテーマ