ソフトバンク内川 思わずガックリ2併殺…ツキなし

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(25日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク内川はツキに見放されたか、紙一重の当たりで併殺が続いた。

 4回、1点差に迫ってなお1死一塁で、ボルシンガーから逆方向へ低いライナー。一塁手・鈴木がノーバウンドで捕球し、飛び出した一塁走者のデスパイネが戻れず併殺となった。

 続く6回1死満塁では2番手・松永から二遊間へのゴロを放ったが、遊撃手・三木に追いつかれ、遊ゴロ併殺打。直後の守備に就く際に電光掲示板の方を見やると、思わずガックリとうなだれていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ