ロッテに3戦9被弾 ソフトバンク完敗で連勝止まる

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-7ロッテ(25日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが逆転負け。苦手のロッテ相手に同一カード3連勝はならず、チームの連勝は「3」で止まった。

 2回に長谷川勇のソロで先制も、先発・大竹が4回に中村奨、レアード、井上にソロを浴びた。直後に長谷川勇の犠飛で1点差としたものの、大竹が6回、井上に2ランを許すなど3失点。リードを広げられた。

 打線はロッテ先発のボルシンガーに6回途中2安打と苦戦。2併殺も響いて決め手を欠き、終盤の反撃も遅きに失した。

 この3連戦の被本塁打は4、1、4で計9本を献上。チーム被本塁打は25となり、西武戦の被本塁打22を上回ってカード別ワーストとなった。今カードは2勝1敗で勝ち越したものの、これで今季ロッテ戦は5勝10敗だ。

PR

PR

注目のテーマ