ドラ1ルーキー粘った 西武の松本航が5勝目

西日本スポーツ

 ◆楽天1-5西武(25日・楽天生命パーク)

 西武のドラフト1位ルーキー松本航が後半戦初登板で今季5勝目を挙げた。最速148キロの真っすぐで押し、自己最多で毎回の8奪三振。「真っすぐが指にかかっていたし、変化球もしっかりコントロールできた」と手応えを強調した。3回まで一人の走者も出さず、4回は連続四死球で無死一、二塁、5回も2死二、三塁のピンチを招きながら踏ん張った。6回に浅村にソロを許したが、6回を被安打3の1失点に抑えた。

 7日のロッテ戦以来の1軍登板で、調整期間中にはフォームの修正に取り組んだ。「足を高く上げて勢いがつくように、という形にした。変化をつけようと、いろいろと試行錯誤した」。課題と向き合いながら結果を残したことに胸をなで下ろした。1年目での5勝目の到達にも「勝たせてもらっている投球なので、自分で勝ちをもぎとりたい。7、8回まで投げられるようにしないといけない」と向上心を見せた。

 辻監督は、打線が2点を先行した直後の4回に無死一、二塁のピンチを招いた場面を振り返って「きのうの今井も(味方が先制した直後の)4回に失点した。余計に抑えないといけない、と意識するんだろうな」と苦笑いした。それでもピンチをしのいで白星をつかんだルーキーの投球に「内角を突きながら、うまく投げた。コントロールもよかった」とたたえた。

PR

PR

注目のテーマ