工藤監督ロッテに苦戦「何か対策」大竹今後にも言及

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-7ロッテ(25日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは苦手のロッテ相手に同一カード3連勝を狙ったが、4被弾で逆転負けを喫した。

 この3連戦は初戦から4、1、4被弾。レアードに3戦連発、井上には2打席連発を2度許した。試合後、工藤監督は「すいません。そこはまた、しっかりとバッテリーでね」と自戒も込めて話した。

 今カードで今季初めて勝ち越したものの、ロッテに5勝10敗。「今、分が悪くなっているのはそういう(被本塁打の)部分もあるから。しっかり見直して。何か対策を取らないと」と危機感を口にした。

 4被弾で6回途中6失点の大竹については「真っすぐの走りも良かったけど、中盤ちょっと狙われたところがあった」と指摘。「(配球が)偏ってもコース、高さが良ければ、そうそう本塁打にはならない。映像を見直したい。何かアドバイスできたら」と続けた。

 このところ失点がかさむ2年目左腕。次回登板については「切り替えること。1週間で調整しなくてはいけない。自分で考え、変えようとしているところもある。試合の中で出せるように」と期待を込めた。

PR

PR

注目のテーマ