太田、山崎がトップ 全国ボートレース甲子園【浜名湖】

西日本スポーツ

 全国各県の出身者で争う今年新設のG2、浜名湖ボート(静岡県)の「全国ボートレース甲子園」は26日、予選最終日の4日目へと突入する。3日目を終えてのトップは奈良代表の太田和美と群馬代表の山崎智也。ともに4戦2勝のオール3連対で、4日目12Rでは3位の桐生順平までも交えて直接対決。上位同士でつぶし合うだけに、1枠を残す5位タイの茅原悠紀あたりまでトップ通過の望みは十分。同じく1枠を残す瓜生正義は、36位タイから大逆転での準優入りを目指す。

PR

PR

注目のテーマ