大竹、自分でリズム崩した/藤原満氏の目

西日本スポーツ

西日本スポーツ評論家の藤原満氏 拡大

西日本スポーツ評論家の藤原満氏

 ◆ソフトバンク4―7ロッテ(25日・ヤフオクドーム)

 大竹は初回、先頭打者に三塁打を打たれて開き直った。しっかり腕を振った真っすぐを右打者の内側に投げ込み、攻めのピッチングでその後の1巡目は完璧に抑えた。4回からの2巡目で、変化球を多投する投球に変更。ただ、変える必要がなかった。かわそうとする球、ボール先行後にカウントを取りにいく球はことごとく力がなく、コースも甘くなってスタンドまで運ばれていた。自分でリズムを崩したように見えた。

 球威で抑え込む投球はできない。厳しいコースかタイミングを外さないと長打を食らう。腕を振り切ったボールで早めに追い込み、チェンジアップやカーブなどとのコンビネーションで詰まらせていくピッチングが本来の姿だ。

 大竹も含め、高橋礼、松本といった若手は立ち上がりが課題。序盤に球数が増えて失点すると中継ぎの負担が増える。連戦だと日ごとに苦しくなり、監督の投手起用も制限される。

 大竹ら若手投手は特に、初回から飛ばしてチームを引っ張る投球をしてほしい。5回まで試合をつくってくれれば十分。意気込みは野手に伝わるし、特に応援に後押しされるホームの試合では流れを引き寄せることができる。 (西日本スポーツ評論家)

PR

PR

注目のテーマ