攻め気の工藤監督、選手反応構わずリクエストも不発

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(26日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク工藤監督のリクエストは不発に終わった。

 2点を追う初回に牧原が先頭打者本塁打。スタメンを急きょ回避した西田に代わり2番に入った周東が、高く弾んだ打球の一ゴロで、際どいタイミングでアウトと判定された。

 すかさず工藤監督がリクエスト。ただ周東に判定を不服とする様子はうかがえず、ベンチまで戻ってきていたため、バツが悪そうに一塁へ逆戻りすることになった。

 もっとも、リプレー検証の結果、判定は覆らずアウトのまま。周東はあらためてベンチに戻ることになった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ