西武十亀2回途中7失点KO 「移動試合…、申し訳ない」

西日本スポーツ

 ◆西武-日本ハム(26日・メットライフドーム)

 西武の十亀剣投手(31)が、1回1/3を投げ、今季ワーストの7失点と壮絶なKOを食らった。

 初回、先頭の西川、大田と連続二塁打を浴び、あっという間に先制点を献上。その後のピンチを何とかしのいだが、2回に悪夢が待ち受けた。先頭平沼にプロ初本塁打を許すと、止まらなくなった。

 1死満塁から近藤に右中間を真っ二つに破る走者一掃の二塁打を浴び、続く中田に2ランを許したところで降板を告げられた。「今日は(仙台から)移動試合でチームも疲れがある中、このような投球をしてしまって、早い回で降板することになり、申し訳ない気持ちでいっぱいです」とコメントした。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング