工藤監督「切り替えて明日」ついに日本ハム1・5差

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-6オリックス(26日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク工藤監督が敗戦後、今季ワースト3被弾6失点だった千賀の投球を振り返った。

 初回、吉田正に先制の右越え2ラン被弾。1点ビハインドの3回には2死走者なしから、右翼ホームランテラスへ2打席連発となるソロを浴びた。

 「ボールの走りは悪くなかった。ちょっとコースが甘い」と指揮官。低めのストレートを捉えられた1本目は「勝負して打たれた」とやむなしの見方。「二つ目は横から見てても高かった」と、スライダーが甘く入った失投を「もったいなかった」と悔やんだ。

 ロッテとの前カードでもレアードに3戦連発、井上に2打席連発を2度と、特定の打者に複数本塁打を献上しており「すいません」と渋い顔。「切り替えて頑張りましょう。今日の試合は終わったんで。また明日」。2位日本ハムが勝利。球宴明け時点で「7」あったゲーム差が、10試合で「1・5」まで縮まった。

PR

PR

注目のテーマ