同じ打者に打たれるのは…/工藤監督一問一答 7.26オリックス戦

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-6オリックス(26日・ヤフオクドーム)

-千賀は7回6失点で降板

 ボールの走りは全然悪くなかったけどね。少しコースが甘いというか、その辺ではないかな。ボール自体は走っていたし、スピードガンも出ていた。

-千賀の3被弾は今季ワースト。吉田正には2打席連続で打たれた

 最初の本塁打は立ち上がりということもあって、勝負にいって打たれたので、そこはあまり(気にしなくていい)というふうに思っている。2発目はもったいなかったかな。

-前カードのロッテ戦から投手陣が同じ打者に打たれる傾向がある

 すいません。まあ、当たっている吉田(正)君とか、最初の本塁打は高いボールではなかった。コースが甘く入ったというところ。2本目は横から見ていても高かった。高いボールはフライになりやすいので。あそこも勝負にいって、と見えた。勝負にいった結果なので、そこはしっかり受け止めて。次はそういう球が失投にならないようにしていくことが大事。

-遊撃でのスタメンが発表された西田が試合に出ないまま急きょ交代した

 右の脇腹に違和感があったので、急きょでしたがスタメンを代えました。

-不振の上林にアーチが出た

 ああいう形で本塁打が出てよかった。ああいう感じで常に打ってくれたらいい。

-2連敗

 また気合を入れて頑張りましょう。きょうの試合は終わったんで。また明日です。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ