「腰高」に感じた千賀のフォーム/斉藤和巳氏の目

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク2-6オリックス(26日・ヤフオクドーム)

 千賀の普段の投球フォームよりも「腰高」に映った。元々上体が強いフォームだが、いつも以上に下半身でリードできていない印象だ。途中から真っすぐがシュート回転していたのも気になる。上体の開きが早くなったからではないか。

 ここ最近の登板を見ていると、以前よりもフォークボールを見逃される傾向がある。悪いコースではないフォークもバッターが振ってくれない。どこかに原因があるはずだ。実際に本人と話したわけではなく、この日の千賀のコメントを見ただけだが、千賀自身の感覚と投げているボールにズレがあるようにも見える。そうなると、この状況を抜け出すのは簡単ではない。

 前回の楽天戦と同様に、この日は点の取られ方も良くなかった。一発で先制されると、自身のエラーも絡んで失点。さらに本塁打を許す独り相撲だ。次の登板につながるものをつかんでほしい-。そんな思いで期待していた7回の吉田正との対戦が申告敬遠になったのは残念だった。

 エースとしてカード頭を任されている。投げる以上は勝ちを計算される投手。ここからが踏ん張りどころだし、真価が問われるところだ。奮起に期待している。 (西日本スポーツ評論家)

PR

PR

注目のテーマ