ソフトバンク内川、巨漢モヤに足踏まれ悶絶

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(27日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク内川が苦悶(くもん)の表情を浮かべた。

 2点ビハインドの3回、2死二塁の守り。モヤの中前へ抜けそうな打球に二塁手・明石が追いつき、一塁送球した。

 引っ掛け気味で、やや右翼側に流れた送球に対し、一塁手・内川は体を伸ばして捕球へ。ところが一塁ベースの上に置いていた右足を、全力疾走してきた身長201センチのモヤに、思い切り踏まれた。

 内川が押さえきれなかった送球はファウルゾーンへ転々。この間に二塁走者の吉田正が生還(記録は内野安打と明石の失策)した。こらえきれず内川は片足で跳びはね、トレーナーが駆け寄ったがプレー続行。いずれにせよソフトバンクには痛い場面となってしまった。

PR

PR

注目のテーマ