ソフトバンク二保 初回2ラン逆球悔やむ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク3-5オリックス(27日・ヤフオクドーム)

 先発の二保は初回に先制2ランを浴びた場面を悔やんだ。3球で2死を奪う順調な立ち上がりを見せながら、吉田正に四球を与えた後、モヤに初球の真ん中高め直球をバックスクリーン右まで運ばれた。「(甲斐)拓也のサインは外角低めだったのに逆球になってしまった」。その後も小刻みに加点され4回4失点で2敗目。山本と3度目の投げ合いで1勝2敗となった右腕は「試合を壊してしまった。次は投球の精度を上げていかないと」と反省しきりだった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ