ソフトバンク・デスパイネ 逆方向弾の直後に異変か

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-オリックス(28日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの4番デスパイネが2試合連続本塁打を放った。

 5点リードの3回無死一塁。オリックス先発・竹安の高めに入ったスライダーを捉え、右翼ホームランテラスへ運んだ。「打った瞬間入ると思った。甘い球を1球で仕留められた」。チームで並んでいた松田宣を上回り、単独トップの23号。ワンサイドの展開に拍車をかけた。

 ところが打った直後、右脚を気にしてか左脚でケンケンするようなしぐさしぐさ。ゆっくりベース一周して生還したものの、状態が気掛かりだ。

PR

PR

注目のテーマ