甲斐キャノンからマルチ安打 ソフトバンク連敗ストップに貢献

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク9-2オリックス(28日・ヤフオクドーム)

 甲斐が攻守で連敗ストップに貢献した。初回、いきなりミランダが先頭福田に四球で出塁を許したが、続く大城が空振り三振に倒れた際、スタートを切った福田の二盗を素早く正確な送球で阻止。

 「最近は初回の失点が多かったのでそれを防げたことが良かった」。自らの強肩で気をよくすると、2回1死三塁で適時内野安打、5回1死一、二塁では中前打と5試合ぶりのマルチ安打をマークした。

PR

PR

注目のテーマ