2号艇の峰「佐賀代表として優勝したい」 ボート王国九州山口!

西日本スポーツ

 先頭打者がきっちりと“出塁”だ。準優10R、1枠の峰竜太は、グイグイ伸びる超抜・今垣光太郎の攻めを封じて速攻。優出一番乗りを果たした。「中止順延のおかげで、一日中、ペラのことを考えることができた。4日目の足とは別物で上位の次のレベル。足としては満足。ボクに1日も与えてしまったら、立て直すには十分ですよ」と恵みの雨に感謝した。

 目標とする全国制覇まで、あと1勝だ。ヨット部に所属した高校時代、佐賀県代表としてインターハイ、国体に出場したが、全国制覇の夢はかなわなかった。「国体で4位になって、世界選手権にも出場した。でも日本一にはなれなかったことは心残りですね。何でもナンバーワンが好きな男なので(笑)」

 そんな峰に、青春を取り戻す、そして全国の頂点に輝く絶好機が巡ってきた。「グランプリは取ったけど、甲子園はまた別。優勝戦のメンバーも、SGと変わらないいいメンバーが勝ち上がった。佐賀代表として優勝したい」。枠番も「絶好」という2枠。「今垣さんの伸びがスゴいけど、優勝するチャンスはある。しっかり差したい」。成し得なかった“全国ナンバーワン”の座はもう目前。峰が、そして佐賀が全国47都道府県の頂点に立つ。 (渡辺将司)

PR

PR

注目のテーマ