ソフトバンク栗原プロ初左翼で好捕 代走から途中出場

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク9-2オリックス(28日・ヤフオクドーム)

 売り出し中の栗原が、本来の捕手ではなくプロ入り後初めて左翼の守備についた。5回に長谷川勇の代走として途中出場。直後の守りからそのままレフトに入った。6回に吉田正の左飛を無難にさばくと、7回にはモヤの放ったファウルゾーンへの打球をジャンプしながら観客席にグラブを差し出して好捕。「緊張したけど自分のできることをやった。試合に出られるチャンスが広がるので頑張りたい」と、持ち前の打撃を生かすための外野守備に強い意欲を見せた。

PR

PR

注目のテーマ