西武・木村サヨナラ激走「本当に吐きそうだった」

西日本スポーツ

 ◆西武8-7日本ハム(28日・メットライフドーム)

 汗と泥にまみれて頭からサヨナラのホームベースに突っ込んだ。笑顔のナインから歓喜の水を浴びながら、ヒーローの木村はしばらく起き上がることができなかった。「本当に吐きそうで、左脚もつりそうだった。やっと終わったと思って、立てなかった」

 延長10回。1死から自身プロ初の1試合4安打目となる中前打で出塁した。続く秋山の打席。フルカウントからスタートを切ると、秋山の打球を遊撃がはじいた。「二塁にスライディングしようと思ったけど、そらしたので一気に。(三塁ベースコーチの)黒田コーチが回していたのでホームまで全力疾走!」。今季5度目のサヨナラ勝ちへと駆けた。

 4打数4安打に1犠打と役割を全うした。練習中、辻監督から「右肩に力が入りすぎ」と声をかけられた。「アドバイスをもらって、力むことなく打席に入れた。僕の後は秋山、源田と続く。得点圏で回せば相手の投手は嫌」とうなずいた。

 決着の場面以外にも足を使っての攻めに活路を見いだした。初回は2死から外崎の二盗で先制点につなげた。4回は無死一塁から岡田のバスターエンドランがさく裂。6回は源田の一塁ヘッドスライディングで追加点を奪った。指揮官は「足はうちの持ち味。いい形で点が取れた」とご満悦だ。

 一時は4点をリードしながら、守護神の増田が9回に3点のリードをはき出した。優勝争いに踏みとどまるためにはここで3タテを食らうわけにはいかない。「みんな必死にやっている」と辻監督は満足げ。3位浮上。次は首位ソフトバンクを本拠地で迎え撃つ。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ