鹿屋中央2年連続決勝で涙 「越えなければいけない高い壁」

西日本スポーツ

 ◆高校野球鹿児島大会決勝:神村学園5-3鹿屋中央(28日・平和リース球場)

 2年連続で決勝に進んだ鹿屋中央は昨年と同じ準優勝に終わった。3点を追う8回に2点を奪って1点差に追い上げながら、その裏に突き放された。

 「8回に1点を取られたのが大きかった。神村学園は越えなければいけない高い壁です」と山本監督はそう結果を受け入れた。4回戦からの4試合を1人で投げ抜いたエース福地は「高めに浮いた球を打たれてしまった。このために頑張ってきたのに悔しい。この悔しさを糧にして大学で頑張ります」と前を向いた。

PR

PR

注目のテーマ