筑陽学園が決勝進出 プロ注目右腕撃ち貴重な追加点

西日本スポーツ

 ◆高校野球福岡大会準決勝:筑陽学園3-0九州国際大付(28日・久留米市野球場)

 大会屈指の右腕から試合を決定付ける3点目をもぎ取った。2-0で迎えた6回、1死二塁から筑陽学園の福島が九州国際大付の下村のスライダーをとらえた。左翼への適時二塁打。「確実にとらえられた。いい感触でした」と会心の表情だ。

 初回に相手先発の酒井から中村、福岡、江原の3連打などで2点を先制。5回からマウンドに上がった相手エースから貴重な追加点を挙げた。下村対策は万全だった。投球の映像やデータを細かく分析。「左打者の時に決め球のスライダーが甘めに入ることがある」。狙い通りの一打だった。

 先発の西舘は151球の熱投で5安打完封。投打ががっちりかみ合った筑陽学園が16年ぶり2回目の夏へ、勢いをつけた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ