鎮西学院エース連投、6回途中力尽く 監督「思ってもみなかった展開」

西日本スポーツ

 ◆高校野球長崎大会決勝:鎮西学院1-10海星(28日・長崎県営野球場)

 初の甲子園出場を目指した鎮西学院は、連投となったエース楠本が6回途中9失点で力尽きた。

 味方の4失策が絡み、自責は1。「こういう展開は思ってもみなかった。選手たちにも、分からない何かがあったんでしょうね。このステージは、まだ荷が重かったということです」と村井監督。バースデー登板となった楠本は、準決勝からの連投で「下半身の力が抜けるような感じがあった」と明かしたが、「勝って終わりたかったけど、楽しく野球ができてよかったです」と最後は笑顔で振り返っていた。

PR

PR

注目のテーマ